スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

竜巻

2006/11/08 Wed 20:06

ニュースでご覧になった方も多いかと思いますが

竜巻が起きました。


ワタシの所からは随分離れた地域で起こったので、ウチは大丈夫です。

現場近くのトンネル工事の作業員達が休憩所兼宿舎として使用していたプレハブ小屋を直撃し、体を休めていた作業員数名がその尊い命を落としたそうです。

心よりご冥福をお祈り致します。

突然の悲報、変わり果てた姿での対面に泣き叫ぶ家族の姿は
見ていてとても胸が苦しくなります。

先日宮崎県で起こった竜巻よりも大規模だったみたいですね。



今回の竜巻で思い出しましたが、「突風」ならワタシも一度遭遇した事があります。


小学生の頃でした。
当時住んでいた家は、川沿いに土手を挟んで建っていました。
季節は確か夏。(半袖を着ていた記憶が)

その時ワタシは2階にある自分の部屋に一人で過ごしていました。
暑かったので窓は全開です。時間は夕方の4時くらいだったと思います。
開いている窓から母がご近所さんと立ち話をしている声が聞こえていました。

そんなある時、ふと、窓の外を見たんです。

ワタシの部屋はちょうど土手側だったんですが、土手の向こうから
何やら黒い風がこっちに向かって近づいてくるのが見えたんです。

????(-"-)????

なんだ、あれは・・・・でもこっちに向かってきてるし・・

とりあえず、急いで窓を閉めました。

次の瞬間です

どーーーーーーーーん

ものすごい音と共に、その黒い風が我が家にぶつかりました。

窓が割れるんじゃないかと思うくらい、家ごと激しく揺れました!!!


バチバチバチ!と、窓に何か当たっていました。
黒い風の正体は、移動中に巻き上げた土や小石を含んだ突風だったのです!

ぼ━━━( ̄□ ̄;)━━━ぜん・・・・

母が「ひゃ~すごい風!!!」と慌てて家に入ってきました。
髪の毛も服も砂だらけになってましたねぇ(爆)←よく飛ばされなかったなぁ

幸い怪我人や、建物が壊れたって事はありませんでしたが
(↑痩せてる母が飛ばなかったくらいだしw)
本当にビックリしましたねぇ。今でもこんなに鮮明に覚えてるくらいだもんね。

自然の力って、本当に凄まじいですね。

近年の異常気象って、自然が人間に対して怒ってるからだと思うのん。
人間なんてちっぽけな存在なのに、この地球に住まわせてもらってるだけなのに
どんどん自然を破壊して、汚染して、動物を殺して。

皆さん、自分の畑に害虫がわいたら駆除しますでしょ?
それと同じだと思うにょ、ワタクシ。
地球にとって、人間は害でしかなくなってしまったのかな…なんて
考えてしまいます、哀しいけど。

もっともっと地球を大事にしないとね。
徒然 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
私も凄く思います!!
地球をもっともっと大事にしないとって・・・・
子供ができてから、尚更そう思うかなぁ。
この子達が大きくなっても安全で住みやすい
地球であって欲しいと。今のままの生活を
続けていけば、絶対にこの先地球がもたないと思うんです。
小さい事からでもいいから、省エネとか色んな事、みんなが「地球を大切に」って気持ちを持ってくれるといいですよね(^^)
賛成・・。
竜巻の被害に遭われたり、大雨、洪水など災害に巻き込まれた方の事は他人事じゃないです。地球のしっぺ返しだとしたら、わしにも無関係なことじゃない。
ゴミ、分別を続けます!節電しますっ!良い子にしますっ!

そして、心からご冥福をお祈りします。
りんごさんへ♪
うんうん、子供が生まれると余計に思いますよね。
ワタシも同じです((--))

本当に、小さい事でいいんですよね。
その小さい事を、地球に住む皆でやったら
すごく大きな事になります。

ほんの少でいいんだから
地球に思いやりを持って生活したいですね♪
ひなたんへ♪
あと、「食」が好きなワタシ達には
なるべく食材を無駄にしない、とか!
野菜の皮もキンピラにして食べたり、ゴミを
出さない努力、必要だなぁ~って最近思います!

限りある資源を出来るだけ節約して
リサイクルできるものはリサイクル!
共に頑張りましょうぜ~(≧∇≦)

あとは、戦争が無くなればいいのにな~(T△T)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。