スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ルクエdeメロンパン

2010/07/29 Thu 11:09

今話題のルクエのスチームケースのモニターをさせていただいておりマス*:.。☆..。.(´∀`人)
レシピブログ×ルクエ の企画で、パンレシピ募集との事デス^^
んで、まず思いついたパンがコレ。
 
1007lecue7.jpg

*★*☆*★*☆*★*☆ ルクエdeメロンパン *★*☆*★*☆*★*
○材料(ルクエ・レギュラーサイズ1台分)
・強力粉     160g
・ドライイースト 4g
・牛乳       120g
・無塩バター   10g
・砂糖       15g
・塩         2g

**ビスケット生地**
・室温の無塩バター 25g
・砂糖         20g
・室温の全卵     15g
・薄力粉        60g
・ベーキングパウダー   小さじ1/2
・バニラオイル    少々

○作り方
1.ビスケット生地を作ります。バターに砂糖をすり混ぜ、溶いた卵を少しずつ合わせていき
  しっかり混ぜます。バイラオイルも混ぜ合わせます。
  合わせて振るった薄力粉とベーキングパウダーを加え、ゴムベラで混ぜ合わせ、粉気が
  無くなったらひとまとめにし、ラップで包んで冷蔵庫に入れておきます。

2.パン生地を作ります。ルクエのスチームケースに牛乳とバターを入れ、500wのレンジで
  1分前後加熱し、バターを溶かします。

3.37~8℃まで冷まし、イーストを加えて混ぜます。次に砂糖→塩の順に加え混ぜます。

4.半量の強力粉を加えて菜ばしで混ぜます。粉気が無くなったら残りの粉を加え、軽く混ぜて
  ひとまとまりになったら手でこねます。

5.粉の内側に残った粉を落としながら、生地の表面が滑らかになってベタベタしなくなるまで
  こねます。こんな状態になります。↓↓
1007lecue1.jpg

6.まるめた生地に霧吹きをし、蓋をしてレンジ150w・1分加熱。その後レンジから取り出して
  ぬれ布巾をかぶせて10分くらいおきます。

7.生地が2倍に膨らんだら、ケースの中で長方形に伸ばして生地を三つ折りにする。
  とじ目を下にしておき、形を整える。↓↓
1007lecue2.jpg

8.霧吹きを掛けて蓋をし、150w1分加熱後、ぬれ布巾をかぶせて15分前後おいて発酵させる。

9.オーブンに天板をいれた状態で190度に予熱します。その間にビスケット生地を伸ばします。
  ラップで挟んで、麺棒で伸ばします。上部のラップを剥がし、格子模様を付けたらグラニュー
  糖を  まぶし付けます。↓↓
1007lecue4.jpg

10.ビスケット生地の上にさっき剥がしたラップを戻し、ひっくり返して今度は裏側のラップを
   剥がし、パン生地にかぶせます。↓↓
1007lecue5.jpg
1007lecue6.jpg

11.予熱が完了したらオーブンに入れ、20分ほど焼きます。焼きあがったらすぐにケースから出し
   網の上で冷まします。


これは好評でした~。
翌日もすごーくパンがしっとりしてて、温かかったら焼き立てみたい!とオットが気に入った模様^^
しかもすぐ出来るね!!これっていわゆる「レンジパン」てヤツ??
※パンの配合・手順はルクエ付属の基本のレシピを使用しています。
いつも2斤単位で生地を扱っているから、粉量160gという量がとっても可愛らしくて(笑)
こね上がりも早いし、発酵もレンジのお陰で早い♪
思い立ったらすぐに作って食べれそうvv

ルクエ『スチームケース』おうちで焼きたてパンレシピコンテスト参加中!
スポンサーサイト
ウマ━━(゚∀゚)━━! | コメント(4)

開花~

2010/07/25 Sun 19:15

お隣さんが植毛植芽してくれた朝顔がようやく咲きました~(*´▽`)
1007asagao1.jpg
1007asagao5.jpg
おや 違う種類の朝顔まで?!

・・・そうなんデス。
学校でも1年生は朝顔を栽培しマス。
夏休み中は自宅で世話しろよ♪と(爆)
1学期の終わりの個人懇談で学校に行った際に各々親が持ち帰りました(;-_-)

そんな訳で今こんな状態デス。
1007asagao2.jpg
二つ並べちまったもんだから、この二つの朝顔がお互いにツルを絡ませあっちゃってもう(爆)
2学期にまた学校に持っていかなくちゃならないんだケド、絡まった部分は切るしかなさそう( ̄∇ ̄;)


ひまわりも咲き出しました~♪♪今6つのウチ3つ咲いていマス。
1007himawari3.jpg
つぼみはこんな感じデス。
1007himawari1.jpg
高さ20cmくらいの可愛いミニひまわりデス(*⌒∇⌒*)

良かった~無事に咲いて(爆)


で、蟻デスが、まだ居マス(;-_-)
花が咲いたら、花粉のあたりをウロウロしていマス。
そんなに甘いのかな~?このヒマワリ^^;

イチローの朝顔 | コメント(2)
SUPER SWEETS SCHOOL アシェット・デセール講座を受講中デス

鎧塚先生からの課題で、「ビスキュイ・クーラント・ショコラ」を作りました。
フォンダン・ショコラと言えば「ぁあ!」とお分かりになるでしょうか~^^
コレも一時期流行りましたねぇ~。

1007kadai-y5-.jpg


セルクルに生地を流して焼くんデスが・・・

不安的中。

焼成中、下から生地がモレ出てくる~~!!

家庭用オーブンの天板だから、フラットじゃないんだょね(爆)
ぃや、薄々こうなる予感はあったんだケドさ、一応レシピ通りにやってみようと思って^^;
若干サイズが小さくなって焼きあがりましたが

優しい鎧塚先生、「今回の大きさでもかわいく仕上がっています」というコメントと共に
フラットじゃない天板で焼く際の対策を伝授してくださいました!
あとは「ちょうど良い焼き具合ですよ」「苺のソースも美味しそう」と言ってくださいました。
(ホントは先生はフレッシュラズベリーでソースを作ってたんだケド、手に入らなくて。)

鎧塚先生は褒め上手だと思いマス( ̄∇ ̄)アハハン

生地もソースも、それぞれの作り方はいたってシンプルで難しいコトはありません。
ただ、先生が講義中何度も念を押していた点は「このお菓子は型の準備に全てが掛かっている」。
とにかく焼きあがりにスムースに型から離れないといけない、お客様がナイフを入れ
中のチョコレートが流れ出す瞬間が一番盛り上がるんだから、と。
型離れが悪いとお菓子を傷付けてしまい、皿に盛る前に中身が流れ出てしまうんデスな。
なのでバターを塗る作業、紙を貼り付ける作業は神経を使いました。

デセール(皿)も、自分の感性で盛り付けを!という課題でした。
んでもやっぱ鎧塚先生の真似っこになっちゃうんだよなぁ(((´∀`;))

ベリー類が手に入りやすい時期になったら、また作ろうと思います♪
その時は生地がモレない様に、先生のアドバイスを実践しマス!!(爆)


N-Academyファンサイト応援中
試作・研究 | コメント(6)

お菓子のお勉強

2010/07/13 Tue 16:34

本日、スーパースイーツスクール

アシェット・デセール~皿盛りデザート~講座

に入学しまシタ♪♪

単発の講座で、皿盛りデザート3品のレクチャーを受けて、
実際に作って画像提出デス。添削してもらえます。

指導してくださるパティシエは

・柿沢安耶先生(パティスリー ポタジエ)
・辻口博啓先生(モンサンクレール)
・鎧塚俊彦先生(Toshi Yoroizuka)

デス!!

ぅっぎゃーー(爆)皆有名なパティシエさんだよ!どうしよう!!
それぞれの先生から1品ずつ課題が出される様デス。
柿沢先生の野菜スイーツ、とっても楽しみデス(*´▽`)

作った課題は順次UPしていきマス♪
実はモニターとしての参加デス!!こんな機会を与えて頂き、心から感謝致します。


徒然 | コメント(10)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。